borderink

ホーム > 沖縄の歴史・地理を知る > 琉球戦国列伝   駆け抜けろ! 古琉球の群星たち!
   琉球戦国列伝   駆け抜けろ! 古琉球の群星たち!



ちゃーやが! 絶賛発売中!


ついに登場!
琉球史エンターテインメントの決定版



群雄割拠!伝説の〈古琉球〉総勢61名を徹底図鑑

圧倒的リアルな前代未聞の琉球戦国史


若き日の尚円志
イラスト 和々(c) ※イラストの無断転載を禁じます。




琉球戦国列伝

イントロダクション
古琉球スペクタクル!


かつて「琉球」と呼ばれた沖縄に、戦国の時代があった。各地に割拠するリーダー「按司」たちは争いを重ね、自らの力を誇示し、勢力の拡大を狙っていた。

やがて沖縄島には按司たちの抗争から三つの大勢力が勝ち上がった。

今帰仁グスクを拠点とする北山(山北)。浦添グスクを拠点とする中山。
大里グスク・南山グスクを拠点とする南山(山南)。

「三山」と称される群雄たちは超大国・明(中国)と関係を結び、「王」としてばく大な貿易の富を得た。その富の力を背景に、「王」たちは琉球の覇権をにぎるべく、しのぎをけずった。

琉球最大の港湾都市・那覇には貿易の富を求め、外の世界から華人(中国人)や日本人などさまざまな人々が集まり、未曽有の活況を呈ていしていた。外来の人々は「王」たちの貿易に協力し、ともに栄華を享受した。

誰が琉球の天下に号令を下すのか。彼らはその動向を見守っていた。

女たちは群雄たちの「オナリ神(守護神)」として、神々の世界より来る霊力(セヂ)を体現し、繁栄と勝利を祈った。
民たちは打ち続く戦乱に終止符を打つ琉球国の「世の主」の誕生を待ち望んでいた。

強大となった三山の「王」の間をぬって、名もない群雄たちは着々とその力をたくわえる。そのひとつ、南山の佐敷に思紹・尚巴志親子がいた…




来たれ!琉球歴男、歴女たち!
前書きより


 本書は琉球がまだ戦乱のさなかにあった約500.700年前(14世紀.16世紀)
の「古琉球(こりゅうきゅう)」の時代を生きた群雄たちとその物語をビジュアルで紹介します。

 イラストは三山対立の時代から琉球王国が統一された第一尚氏王朝の時代、そして第二尚氏王朝の初期の主な人物、厳選した総勢61名。琉球の歴史上でよく知られた英雄だけではなく、これまでまったく無名だった者までを今回登場させました。そのドラマと人物の豊富さはけっして「三国志」に劣りません。

 彼らの野望、思惑、利害、プライド、さまざまな要素がからまって琉球の天下統一の一大絵巻は進んでいきます。読者はきっと「沖縄にこんな熱い時代があったのか」と、驚くことでしょう。

 人物のイラストはわかりやすく親しみやすいタッチで、かつ細部にいたるまで徹底的にリアルにこだわっています。イラストレーターは「琉球歴女」の和々。そして文章と監修は『目からウロコの琉球・沖縄史』、『琉日戦争一六〇九』著者である上里隆史が担当しました。上里は古琉球史、とくに軍事史を専門としています。その知識を活かして琉球の戦国時代を極限まで追求、これまでにないリアルさで古琉球当時の姿を再現しました。

 各人物が身につけているアイテムは実際の資料をもとに再現したものや、発掘調査で出土した遺物をもとにしています。時代がちがうアイテムもありますが、「遊び心」として入れてみました。当時彼らが見つけた、あるいは伝承されたものと仮定したフィクションです。その場合はそのことを記しておきました。

 本書のイラストは当時の史料をもとにしてはありますが、あくまでも独自の解釈と想像にもとづいたフィクションであることを心に留とめておいてください。人物についてもさまざまな説がありますが、本書はなるべく資料にあるものを採用し、そのうえで独自の見解も加味してあります。

また本書は各人物の解説だけではなく、歴史の流れと人物相関図、各人物にまつわる史跡案内のページも設けました。好きな人物をピックアップして彼らのドラマチックな人生に思いをはせるのもいいですし、歴史の流れと人物相関図を知ってダイナミックな歴史を体感するのも面白いと思います。

 本書を片手に実際の現場を訪れてみるのもいいかもしれません。それぞれの楽しみ方で古琉球の歴史にふれてください。
 さあ歴男、歴女たちよ!ページを開いて来たれ、伝説の古琉球の世界へ!そして括目せよ、英雄たちの熱き物語を!

(上里 隆史)

レイアウト見本です 尚円志


内容

新説・ダイナミック古琉球の時代

古琉球の展開
三山の対立と「大交易時代」到来
思紹・尚巴志の台頭
中山王・武寧との対決
壮絶!北山との一大決戦
制覇! 三山の統一成る
志魯・布里の乱
護佐丸・阿摩和利の乱
第一尚氏王朝、最後の輝き
風雲! 第二尚氏王朝の成立
栄華を誇った尚真王の時代
 
人物列伝 古琉球の群星たち

◆尚巴志 しょうはし
◆護佐丸 ごさまる
◆攀安知 はんあんち
◆本部平原 もとぶたいはら
◆他魯毎 たるみい
◆三五郎尾 さんぐるみぃ
◆亜蘭匏 あらんぽう
◆王茂 おうも
◆懐機 かいき
◆阿麻和利 あまわり
◆百度踏揚 ももともあがり
◆大城賢雄 うふぐすくけんゆう
◆金丸 かなまる
◆渓隠 けいいん
◆芥隠 かいいん
◆尚徳 しょうとく
◆国笠 くにちゃさ
◆オギヤカ
◆尚真 しょうしん
◆オヤケアカハ
◆仲宗根豊見親玄雅 なかそねとぅみやげんが
◆赤犬子
◆早田六郎次郎 そうだろくろうじろう
◆道安 どうあん
◆武寧 ぶねい
◆完寧 かんねい
◆島添大里按司 しまぞえおおざとあじ
◆汪応祖 おうおうそ
◆達勃期 たふち
◆李仲 りちゅう
◆李銘 りめい
◆李傑 りけつ
◆思紹 ししょう
◆尚金福 きんぷく
◆布里 ふり
◆志魯 しろ
◆尚泰久 しょうちたいきゅう
◆程復 ていふく
◆鄭義才 ていぎさい
◆天屋 てんおく
◆程鵬 ていほう
◆茂知附按司 もちづきあじ
◆安里大親 あさとうふや
◆馬天ノロ ばてんのろ
◆月清 つききよら
◆君南風 きみはえ
◆サンアイ・イソバ
◆蔡譲 さいじょう
◆潘仲孫 はんちゅうそん
◆南風原按司守忠 はえばるあじしゅちゅう
◆屋慶名赤 やけなあか
◆世宗 セジョン
◆永楽帝 えいらくてい
◆足利義持 あしながよしもち
◆島津忠昌 しまづただまさ

図解これがグスカースタイルだ!
古琉球史跡巡りガイド
古琉球年表・生没年表
あとがき  参考文献


2012年4月発売予定

・ 型番
978-4-89982-221-9
・ 販売価格
1,620円(内税)
・ 購入数