borderink

ホーム > 沖縄を見て歩く > ゲッチョセンセのおもしろ博物学 虫と骨編 
   ゲッチョセンセのおもしろ博物学 虫と骨編 


盛口満 著 B6判 223 頁

昆虫、動物の骨について、オールカラーのイラストでよくわかる。『沖縄タイムス』で人気のコラム。自然はみんなの宝ものだ! ゲッチョセンセと歩く、シマの不思議な自然たち。沖縄タイムス日曜子ども版「ワラビー」で好評連載中の「ゲッチョセンセの沖縄おもしろ博物学」から、虫と骨に関する項目を一冊の本にまとめました。「ゲッチョセンセ」の愛称でおなじみ自然博士・盛口満さんの楽しいコラム105項目でシマの自然のオモシロ、フシギを解説。沖縄の「カナブン」は、カナブンじゃない!? セミはどこから息をするの? 家の中に出てくるあの小さな虫は一体何? ビーチャー(ワタセジネズミ)の骨ってこうなってるんだ! オールカラーの美しいイラストで、虫のすがた、動物の骨の仕組みがよくわかります。夏休みの自由研究に、自然観察会に、虫好きのキミに、骨に興味のあるアナタに、おすすめです。そして、ゲッチョセンセの「ゲッチョ」の意味も、この本を読めば分かります。

[目次]
虫となかよくなろう
 ●春(3月〜4月)
 ●夏(5月〜10月)
 ●秋冬(11月〜2月)
骨を観察しよう

■発行:2005年6月30日

・ 型番
4-89982-094-1
・ 販売価格
1,728円(内税)
・ 購入数